神戸大学

「己の道を行く才色兼備大学生」

 

IMG_2486

 

こんにちは、関西ワカスタの村川です!オシャレな港町神戸の名を背負う国立大学 神戸大学(神大)は、歴史を感じさせる建造物の数々、神戸の夜景が一望できる百年記念館があります。しかし、大学に辿り着くまでに待ち受けるのは、過酷な登山…と酸いも甘いも兼ね備えている大学です。それでは、そんな神戸大学のデータを見ていきましょう!

 

誰もが憧れる才色兼備!!

神戸大学

関西トップレベルの国公立「京阪神」で比べた時に、『上品』『オシャレ』の数値が秀でており、さらに『メガネ』『オタク』が圧倒的に低いということから、勉強ができつつ大学生活も楽しんでいる事が伺えます! まさに才色兼備といった感じですね!

 

神大生に聞いた、神戸大学を表す漢字一文字は…

 山 」

山の上に位置している神戸大学を表す一文字漢字はブッチギリで『山』でした!登下校には原付を使う生徒がほとんどで、たまにイノシシに遭遇することもあるそうです…。「神戸大学といえば?」と聞かれて、「山!」と答えるのも無理もないことですね。

ただ、“上品でおしゃれ”といえば、神戸大学のある神戸の街のイメージそのもの。神戸大学は「神戸」という言葉のおかげで、好印象を抱かれやすいラッキーな大学なのかも…

 

神戸大学に行ってみて

神大生は通学=登山なのでほぼスニーカーですが、さすがオシャレの街神戸、ごく稀に高いヒールを鳴らしながら登校している女の子たちもいます。神戸大学の女の子は、他大学の女の子よりもだいぶたくましいのです。国公立の中でも独自の進化を遂げた己の道を行く大学生ですね。

 

 

 

 

広告

コメントは受け付けていません。