龍谷大学

「辿り着いたのは無の境地。無欲な仏大学生」IMG_2481

こんにちは。ワカスタの絶対的お兄さん柳田です!

私が調査に行ってきたのは、“産近甲龍”というくくりで知られる大学のひとつ、龍谷大学です。龍谷大学といえば、全国でも有数の仏教を学べる学校として有名ですよね。そんな龍谷大学(龍大)の学生に対するイメージは、一体どのようになっているのでしょうか?さっそく見ていきましょう!

 

最もイメージが湧かない大学!?

龍谷.jpg

最も数値が高い項目は『ダサい』でした。全体の数値を見てみると、11大学の中で最も全体の項目が低かったことから、11大学の中で一番イメージの沸かない大学という結果になりました。。 しかしこの結果は、18項目以外のイメージが大きすぎるからではないでしょうか!?

 

龍大生に聞いた、龍谷大学を表す漢字1文字は…

 「  」

「仏」と書く人が圧倒的に多い!仏教を学びとしていることが、龍大生の中でも強烈なインパクトを持っているようです。他大学では多くのところが大学名から直接漢字を表す人が多かったのですが(立命館大学なら「立」など)、大学名に入っている漢字すらも凌駕する「仏」の強さ…!通っている学生からも伝わるこの“圧倒的仏感”が、龍大の「仏」以外のイメージを創り出すのを阻止しているのかも!?

 

龍谷大学へ行ってみて

実際に足を運んでみるまでは、やはり仏教のイメージが強かったので「キャンパスもお寺風なのでは…?」と思っていました。しかし、赤いレンガの建物やガラス張りの校舎などが立ち並んでいて、意外にも他の大学と変わらない印象でした。学生さんに関しては、男女グループや騒いでいる人が少なく、ここに仏教の教えにかなった無欲さを感じました(笑)。アンケートにも、皆さんにまるで仏のような笑顔で答えていただき、かなり調査がしやすかったです!

 

 

 

 

広告

コメントは受け付けていません。